スポーツ事業に協働で取り組む協定を結んだ佐賀県の山口祥義知事(右)と、双日商業開発の近藤哲生社長=県庁

 佐賀県と、県内で大型商業施設を運営する双日商業開発(東京都、近藤哲生社長)は14日、スポーツ関連事業に協働で取り組む協定を締結した。プロスポーツを応援する事業などを企画して人を呼び込み、地域の活性化を図る。

 県は、スポーツの選手育成や裾野の拡大を目指すSAGAスポーツピラミッド(SSP)構想を進めている。同社は運営している佐賀市のモラージュ佐賀で、フェンシングの体験会を開くなどの活動を行っており、協定締結に至った。今後は協力してスポーツ関連イベントを開くなどする。

 14日に県庁であった締結式では、山口祥義知事と近藤社長が出席し、協定書にサインした。終了後、近藤社長は「県民が県内プロスポーツチームを身近に感じられるような拠点を、モラージュ内に常設できたら」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加