【評】鳥栖工が序盤のチャンスを確実にものにして鹿島に競り勝った。

 鳥栖工は初回、1番角の二塁打と2番野口奨の犠打で得点圏に進め、4番野口凌の左犠飛で1点を先制。さらに6番田中が適時打で続いた。三回には野口凌の左越え本塁打でリードを広げた。

 鹿島は初回に3番山下の中前適時打で1点を返したが、その後は打線が振るわなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加