【評】4盗塁4犠打と、小技を絡めて序盤から得点を重ねた武雄が、七回コールド勝ちした。

 武雄は初回に5番香田の2点適時打で先制し、二回には2番白水の右前適時打などで3点を奪った。終盤にはスクイズなどで追加点を挙げ、突き放した。

 神埼は、五回に5番江口晃の右犠飛などで一時2点差まで迫ったが、主導権を握れなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加