【評】敬徳の先発井上が優勝候補の一角・佐賀学園打線を封じ、1―0で逃げ切った。 敬徳は初回、敵失の間に3走久保川が生還し、先制した。その後追加点は奪えなかったが、井上が好投。8三振を奪い、走者を背負った場面も併殺などで切り抜けた。