【ワシントン共同】米国務省のスティルウェル次官補(東アジア・太平洋担当)は14日、シンクタンクのインターネット会合で講演し、南シナ海への進出を強める中国に対し、制裁を科す可能性を排除しない考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加