環境省は14日、東京港・大井ふ頭のコンテナヤードで強毒を持つ南米原産の特定外来生物ヒアリ約1500匹が土の中を出入りしているのが見つかったと発表した。人的被害は確認されていない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加