JR東日本などの先端技術の紹介イベントで公開された、「顔認証」の改札機=14日午後、東京都港区

 JR東日本は14日、ICカードを触れたり、切符を投入したりする必要がない「タッチレス」改札を一般客に体験してもらう実証実験を始めた。3月開業の山手線高輪ゲートウェイ駅前で9月まで開催する先端技術の紹介イベントに登場した。

 JR東は、スマートフォンの専用アプリを活用する改札機「タッチレスゲート」への切り替えを2~3年後に始めたい考え。将来はタッチを不要にするだけでなく、切符や改札機をなくし、列車に乗り降りできる仕組みを構想しており、利用者の意見を集め、準備を加速させる。

 イベントでは顔認証の改札機も実験。利用者が事前に登録した顔と一致すれば、通過できる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加