有藤通世氏

現役時代の有藤通世氏

 1988年10月19日。プロ野球で名勝負と言われる「10・19」のロッテ―近鉄のダブルヘッダーは、いいも悪いも思い出としては何もない。当時のロッテ監督として、川崎球場が超満員になったこと、第1試合と第2試合の間に阪急(現オリックス)が身売りしたというニュースが来てびっくりしたのが思い出だ。

 4連覇が懸かる西武は既に全日程を終え、近鉄が2連勝すれば、逆転でリーグ優勝が決まる大一番だった。僕自身は近大出身で近鉄に優勝してほしかった。ただ、試合は何があるか分からない。試合前、選手には注目されているので自分の名を上げる試合をしろと声を掛けた。

 第1試合はシーソーゲームで4―3で近鉄が勝った。第2試合は一回に第1試合で4安打した佐藤健が投球を受けた。もだえている所へ行くと、仰木監督も来て謝罪はなく「おまえ休めよ」のような言葉。僕は縦社会の人間。目上の人をこの野郎と思うことはないが、この時だけはそんな言い方はない、何かあったらやり返そうとカチンときた。

 4―4の九回に二塁走者の古川がけん制で刺された。完全にアウト。でも古川が粘るので抗議に行くと、また仰木監督が出てきた。それで忘れていた死球を思い出し、ちょっと長引かせてベンチに戻った。審判員の場内説明がなかったので催促し中断は9分。仰木監督が来なければ、もっと早く引き揚げていた。

 結局、試合は4時間を超え、延長十回、時間切れ引き分けで近鉄逆転Vは消えた。僕はいろんな人から馬鹿野郎とぼろくそに言われた。近鉄は奮起し、翌年優勝した。

 死球を巡ってはこんな記憶もある。高知高3年夏の甲子園大会で初戦の第1打席に口元への死球で、前歯3本と歯茎が飛んだ。チームは優勝したが、僕はずっと病院。途中でベンチ入りを希望したが、高野連からは却下され、それまでの自分に罰が当たったのだと思った。

 母一人子一人で育ち、働くために野球は高校でやめるつもりだった。だが、周りの人に支えられ、大学を経てプロに入った。初安打の本塁打は強烈に覚えている。74年に中日を破って日本一になった時、初めて高校の仲間に並べたとうれしかった。(元ロッテ内野手)

このエントリーをはてなブックマークに追加