強化合宿を開始したテコンドーの東京五輪代表。左から2人目は浜田真由=13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(全日本テコンドー協会提供)

 テコンドーの東京五輪代表男女4選手が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を開始した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初の予定から約4カ月遅れとなり、女子57キロ級の濱田真由(ミキハウス)は「ようやくという気持ちが一番。今できることに精いっぱい取り組んでいきたい」と意気込んだ。

 感染予防のためスパーリングなど選手が接近するメニューは行わない。それでも、これまでは直接の指導ができなかっただけに、全日本テコンドー協会の山下博行強化委員長は「ようやくスタートできてうれしい。まずは選手の状態把握とチームづくりが主なテーマ」と気を引き締めた。

 協会は合宿実施に先立ってウイルスの感染を調べるPCR検査を五輪、パラリンピック代表に行い、全員が陰性だったと発表した。【共同通信】

このエントリーをはてなブックマークに追加