解説

 今回勝見さんは「陶器」の古唐津と「磁器」の初期伊万里、二つの盃を採り上げています。前者は総釉(そうゆう)という高台まで釉薬をかける手法による、土見せがない碗形(わんなり)の古唐津。後者は古唐津立ちぐい吞みと同じ形をしていますが、材料は陶石由来で骨董の世界で初源伊万里(しょげんいまり)と称されているもの。いずれも有田町や波佐見町に点在する窯で同時期に生産されていたことが出土陶片や磁片で裏付けられています。

 文禄慶長の役で日本に連れてこられた朝鮮半島の人々。その中にいた陶工たちは「磁器」の製法しか知りませんでした(当時、朝鮮半島の主流は磁器であり、陶器は製法自体も廃れていたようです)。そんな彼らが器をつくろう、となれば当然、祖国でやっていたことと同じ方法…陶石を原料として磁器を作る、ということだったのではないでしょうか。けれども…どう探しても陶石を見つけることができなかった。そこで肥前各所に豊富にある砂岩を工夫し創り上げたものが唐津焼でした。それらは茶人に見いだされ、茶湯ブームを背景にあれよあれよと桃山時代を代表するヒットコンテンツになったのです。
 

 

 その後、陶石を産する場が見つかり、磁器を作ることが可能になりました。陶工たちは喜んだことでしょう…が、それ以上に小躍りしたのは窯の経営陣だったと思います。当時、高級な器と言えば、輸入に頼らざるを得ない中国磁器でした。経営陣はヒットしている唐津焼に加え、更なる売上増を!とばかりに「中国磁器コピー」の制作を思いつき、それを陶工たちに強いたことでしょう。中国磁器の製法と朝鮮半島のそれとでは異なる点が多くあります。しかし陶工たちはそれを見事にクリア、白く清潔な器を生み出しました。それは瞬く間に市場を席捲、唐津焼を凌駕し、磁器は日本の器のメインストリームとなっていくのです。

 随分と前置きが長くなりました。今回の二つの盃にお話しをうつしましょう。

 まずは古唐津碗形盃をみていきましょう。有田や諫早、佐世保、平戸あたりで生産された古唐津を総じて「平戸系」と称します。このあたりでは他の岸岳系(唐津市)、松浦系(伊万里市)、武雄系(武雄市、嬉野市、多久市)と異なり、釉薬を高台までかける「総釉」が多くみられるのがその特徴です。この盃も例外ではなく釉薬をまんべんなく掛けて焼かれています。有田町の小物成、小溝上、天神森、迎原高麗神、原明、清六ノ辻あたりの窯で江戸初期に作られたものではないかと思われます。お茶碗をそのまま小さくしたような形で重心が下部にあり、見た目よりも重くゴリっとした感じです。このあたりのニュアンスが古唐津好きにはたまりません。また見込みも広く、お酒映え抜群です。如何せん焼成が十分でなく、器の肌に艶のない「カセ」状態がみられます。この「カセ」は使用により、良い表情になることがあります。古唐津好きののんべいさんはそんなカセを「良い味」にかえるべく、日に日に酒量を増やしていくのです。古唐津の盃は「筒」に限る、と様々な書物に書かれていますが、個人的にはこういった碗形を最も好ましく思います。日常生活で最も親しんでいる器といえば飯茶碗。そんな親近感が私にそう思わせるのかもしれません。

 さて二つ目の盃についてみてみましょう。

 この盃は前述の碗形盃と同じく江戸初期に作られたもの。窯は前述と同じあたり、個人的には有田町の原明あたりでは、と思っています。当時貴重であった染料である呉須を使い、器の胴二箇所になにやら草木をモチーフにしたらしい絵が描かれています。形状や高台の削りも同時代に焼かれていた唐津そっくり。違うのは素材と釉薬のみです。口辺が薄く、口当たりがすこぶる良しで、さらりとした夏酒が進むことは間違いなし!でしょう。

勝見氏所蔵初期伊万里(初源伊万里)盃

 こういった初期伊万里を古美術評論家の秦秀雄(はたひでお)氏が「初源の伊万里」と著作で記したことから骨董業界では「初源伊万里」と称されています。初源、というのは唐津から伊万里、陶器から磁器へ移行する、その最初期に作られたもの、という氏の論に拠ります。初期伊万里より前にまず初源伊万里があるという主張は本稿の唐津テイスト満載の盃からしてもそう結論にいたったことが理解できます。また個人的には誰も目を向けなかったこれら発掘ものの初期伊万里を評価し「初源伊万里」として著作で熱く世に問うた秦氏の姿勢やその目利き力には感じ入るものがあります。

初期伊万里(初源伊万里)盃

 骨董目線の「過渡期ゆえに形状が唐津に酷似したから最初期、初源だ。形状も多岐にわたり試行錯誤の跡がうかがえる」というある意味素直な主張。一方、相対して近世考古学目線である初源と言われている初期伊万里は下級品、という解釈にも触れておきます。「初期伊万里は中国磁器を目指して周到な準備の下に作られたもので過渡期は存在しない。制作された初期伊万里には上級、中級、下級のグレイドがあり、中国磁器に対抗する手前、上級品に対しての品質管理は厳しかった。一方、下級品に対しては緩く、唐津を作っていた陶工の手癖が出てしまい、形状は唐津に近くなってもおかまいなしであった。初源伊万里と称されるものはまさにそれ」というもの。いずれの立場、考え方も理解できる私としては、これらに思いを巡らすことだけで一晩楽しくお酒が呑めそうです。

2015年12月 勝見氏と筆者 取材旅行@有田町 天神森古窯跡

 唐津と伊万里、陶器と磁器。いずれも誕生は佐賀県。こんなストーリーを知れば知るほど、私は魅せられていくのです。

(テキスト・写真:村多正俊)
 

サカズキノ國
このエントリーをはてなブックマークに追加