会場に入りきれないほどの参加者でにぎわう「まちなかオフィスTOJIN館」のお披露目会=佐賀市の同館

1階のコミュニティースペースで行われた説明会=佐賀市のまちなかオフィスTOJIN館

 NPO法人空家・空地活用サポートSAGA(塚原功代表、佐賀市)が13日、同市唐人の旧中溝豆腐店を改修したシェアオフィス「まちなかオフィスTOJIN館」のお披露目会を開いた。

 シェアオフィスは4月に完成。2、3階がCSO(市民社会組織)やソーシャルビジネス向けの賃貸オフィスで、現在は8団体が入居し、残り2部屋と2ブースの入居者を募集している。1階のコミュニティースペースでは、野菜を販売する「中溝マルシェ」などを開催している。

 この日は内覧会も行われ、2階に事務所を置いている「さが・こども未来応援プロジェクト」の干潟由美子さん(55)は「他の団体とも連携が取りやすい」とシェアオフィスのメリットを話した。

 シェアオフィスでは、完成前の2月に佐賀大の学生団体と共同でeスポーツ大会を開いた。今後も地域の交流拠点としての活用が期待される。

まちなかオフィスTOJIN館お披露目会(2020年7月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加