あいおいニッセイ同和損害保険佐賀支店は17、22の両日、非常時の対応を定めた事業継続計画(BCP)の重要性について学ぶセミナーを県内4カ所で開く。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染症に焦点を当てて策定時の要点を解説する。参加企業を募集している。

 セミナーはMS&ADインターリスク総研で企業のBCP策定コンサルティングに従事している坂井田輝氏と松元エリ氏を講師に迎え、17日に鳥栖市と佐賀市、22日に武雄市と唐津市で開く。

 国内企業の多くは自然災害への対応に特化してBCP策定などを進めてきたが、新型コロナの感染拡大で感染症への備えが急務となっているという。事前申し込みが必要で参加無料。各回の定員は30人(佐賀会場は45人)。問い合わせは、日本生命保険佐賀支社、電話0952(32)2727。

 会場と時間は次の通り。

 【17日】鳥栖市民文化会館、午後1時半~3時▷佐賀県教育会館、午後5時半~7時

 【22日】武雄温泉ハイツ、午後1時半~3時▷唐津市文化体育館、午後5時半~7時

このエントリーをはてなブックマークに追加