広島県東広島市河内町の住宅に土砂が流れ込んだ現場=14日午前10時57分

 大雨で増水した島根県川本町の江の川のライブカメラ映像=14日午前10時34分(国交省提供)

 活発な梅雨前線の影響により中国地方で大雨が続き、広島県では14日、土砂崩れで親子2人が行方不明となった。島根県では江の川が氾濫、流域の約1万人超に避難指示・勧告が出され、浸水被害や道路冠水も生じた。

 14日午前6時ごろ、広島県東広島市河内町宇山で「住宅の裏山が崩れた」と119番があった。東広島市によると、救助隊が到着した時点では呼び掛けに対し男性の声で反応があり、2人の生存が確認できていた。しかし約15分後、さらに土砂崩れが発生して住宅の1階部分に土砂が流入、2人の反応がなくなったという。

 東広島市によると、親子は50代男性と80代女性で2人暮らし。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加