防衛白書を手に記者会見する河野防衛相=14日午前、防衛省

 防衛省

 河野防衛相は14日の閣議で、20年版防衛白書を報告した。コロナ感染の世界的拡大に絡む中国の動向に触れ「自らに有利な国際秩序・地域秩序の形成や影響力の拡大を目指した国家間の戦略的競争を顕在化させ得る」と警戒感を示した。沖縄・尖閣諸島周辺での領海侵入は「現状変更の試みを執拗に継続している」と強調。北朝鮮のミサイル開発を挙げ「重大かつ差し迫った脅威」と位置付けた。

 コロナ感染による国家間競争は米中対立を念頭に置いた。中国による「偽情報の流布を含む宣伝工作も指摘される」とした。中国の軍拡を「安全保障上の強い懸念」と明記した。尖閣巡り「執拗に」との表現は初めて。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加