鳥栖はサイドから広島の守備を崩し、FW豊田やMF原川が決定機を迎えたが、得点は奪えず、0-0で引き分けた。

 鳥栖は、ベテランのFW豊田とMF梁が今季初めて先発出場して攻守を活性化した。FWチアゴアウベスがゴール前でシュートを放ち、終盤には豊田がラストパスにスライディングで合わせたが、いずれも相手GKに阻まれた。

 後半は、左サイドのDF内田とMF小屋松が連動しチャンスメーク。21分には小屋松のクロスから、MF原川がエリア内で放ったシュートは、わずかに枠を捉えられなかった。

 終盤は選手交代で勢いづいた広島にペースを握られたが、CBエドゥアルドが相手のチャンスを巧みにつぶし、得点を与えなかった。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加