鳥栖はサイドから広島の守備を崩し、FW豊田やMF原川が決定機を迎えたが、得点は奪えず、0-0で引き分けた。 鳥栖は、ベテランのFW豊田とMF梁が今季初めて先発出場して攻守を活性化した。