SSP杯県高校スポーツ大会の野球競技が開幕、1回戦の鳥栖商戦で9回に追加点を奪って喜ぶ佐賀北の選手たち=佐賀市のみどりの森県営球場

 新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校野球選手権佐賀大会の代替大会「SSP杯県高校スポーツ大会」野球競技が13日、佐賀市のみどりの森県営球場で開幕した。県の頂点という新たな目標を目指す球児たちが、初日から見応えのある熱戦を繰り広げた。

 大会には37チームが出場。雨の影響で、予定から2日遅れの開幕となった。初日は1回戦3試合があり、昨夏の甲子園出場校・佐賀北などが2回戦に駒を進めた。開幕戦ではプロ野球・広島東洋カープ前監督の緒方孝市さん(51)=鳥栖市出身=が始球式を務め、選手にエールを送った。

 第2日の14日は、同球場などで1、2回戦計6試合が行われる。決勝は30日の予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加