伊万里市の臨時議会は13日に開会。11億2350万円の一般会計補正予算案と、深浦弘信市長と泉秀樹副市長の給料減額に関する条例案の2議案を上程した。14日に討論、採決を行う。

 補正予算は新型コロナウイルス対策に関する事業費。給料減額については、ため池の改修工事で不適切な事務処理を行い、国と県に補助金約558万円を返還することになった問題の監督責任を取り、市長が給料の30%、副市長は給料の20%をそれぞれ1カ月減額するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加