米テキサス州サンアントニオ中心部を、マスク姿で歩く人たち=7日(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】新型コロナウイルスに感染して米南部テキサス州の病院で死亡した男性(30)が生前、感染者と同席してウイルスがうつるかどうかなどを試す「コロナパーティー」に参加していたことが分かった。死の間際に「間違いだったようだ」と後悔の念を口にしていたという。米メディアが医師の話として12日までに伝えた。

 米国では南部のテキサス、フロリダ州や西部アリゾナ州などを中心に感染拡大が深刻で収束の兆しが見えない。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米国の感染者は累計330万人超、死者は約13万5千人でいずれも世界最多。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加