【香港共同】香港立法会(議会)選挙に向けた民主派の予備選を取り仕切った香港大の戴耀廷准教授は13日、約61万人が投票した結果を受け、立法会で過半数獲得の目標を達成できる可能性が出てきたと表明した。公共放送RTHKが報じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加