レストランのテーブルに仕切りを設置するなど、感染予防に細心の注意を払っている=唐津市の佐賀ロイヤルゴルフクラブ

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中、感染拡大前のにぎわいを取り戻そうと、佐賀県内のゴルフ場が、新たな運営方法を模索している。大勢が集まるコンペが少ない一方、個人客は戻りつつあり、少人数対応の工夫などを打ち出している。

 唐津市の佐賀ロイヤルゴルフクラブは、従業員のマスク着用を徹底し、レストランに仕切りを設置するなど感染予防策を講じている。休憩を挟まずに18ホールを続けて回る「スループレー」や、1、2人の少人数のラウンドも時間を区切って受け入れている。

 鳥栖市のブリヂストンカンツリー倶楽部は、不特定の人が触る可能性があるバンカーレーキを撤去。ピンを立てたままボールが取り出せるようにカップを底上げするなど、感染リスクの軽減に努めている。バンカーの跡は足でならし、打ちにくい場所にあれば地面にプレースするローカルルールも推奨している。

 同倶楽部の古賀幹也支配人は「ウィズ・コロナで、ニーズに合った対応をしていきたい」。佐賀ロイヤルゴルフクラブの毛利雄治支配人は、「対策に限界はあるが、安心して利用してもらうために、まずは年内いっぱいは続けていきたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加