熊本県津奈木町の土砂崩れ現場で行方不明者の捜索をする警察、消防、自衛隊員ら=12日午後0時56分

 九州に甚大な被害をもたらした豪雨で、熊本県は12日、新たに八代市で1人の死亡を確認した。13日も津奈木町と球磨村で各1人の死亡を確認し、県内の死者は64人となった。また、判明した死因の内訳も12日に公表。8割の50人が溺死や溺死疑いだった。半数以上が、屋内で発見されており、河川の急激な増水で逃げ遅れた人が多かったとみられる。

 九州豪雨の死者は、熊本県のほか、福岡県2人、長崎、大分両県がそれぞれ1人で計68人。行方不明は熊本県6人、大分県5人、鹿児島県1人となっている。

 熊本県によると、死者62人のうち、死因が判明したのは60人。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加