太平洋戦争末期、佐賀市南部が大規模爆撃を受けた「佐賀空襲」から5日で69年。被災体験を掘り起こし、語り継ぐ活動を市民有志が続けているが、攻撃した米軍の資料にはどう記録されているのか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加