東京電力福島第1原発事故により、佐賀県内で暮らす福島県からの避難者を対象にした内部被ばく検査が2月5日から4日間、佐賀市の佐賀中部保健福祉事務所で実施される。福島県が2013年3月から県民健康調査の一環として進め、佐賀は26都道府県目。 対象は原発事故時に福島県に居住し、その後に佐賀県へ避難した人。