県道沿いに展示されているストリートギャラリーの作品=有田町の佐賀大学有田キャンパス近く

 佐賀大学有田キャンパス(有田町)周辺の県道に学生や卒業生の作品が展示されている。200メートル間隔で設置されているガラスケース計25基に器やオブジェなどが紹介され、有田焼で知られる「焼き物の町」をアピールしている。

 「有田キャンパスストリートギャラリー」と銘打ち、昨年度に初めてキャンパスから輩出した卒業生13人の卒業制作や4年生9人の作品などが並ぶ。食器をはじめ、アクセサリーや熱気球をモチーフにしたオブジェなど多彩な焼き物がある。

 ガラスケースは1996年に県内で開催された世界・焱(ほのお)の博覧会の際に設置されたもので、これまで旧県立有田窯業大学校の学生の作品などが展示されてきた。今回、4年ぶりの展示再開となった。芸術地域デザイン学部4年の小森さくらさんは「お椀(わん)やカップ、絵を描いた作品など学生が何をやっているのかを発表できるいい機会になる」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加