サガン鳥栖MF松岡大起

サガン鳥栖MF本田風智

サガン鳥栖DF中野伸哉

 日本サッカー協会は10日、U―19(19歳以下)日本代表候補の30選手に斉藤(横浜FC)染野(鹿島)の両FWらを選出した。鳥栖からはMF本田風智(19)、MF松岡大起(19)、DF中野伸哉(16)=佐賀市出身=の3人が選ばれた。来年開催されるU―20ワールドカップ(W杯)出場権が懸かるU―19アジア選手権(10月・ウズベキスタン)に向け、11~15日に千葉市の高円宮記念JFA夢フィールドで合宿を行う。

 新型コロナウイルスの影響でフル代表や世代別代表の活動が止まる中で男女を通じて初の強化再開となり、選手、スタッフへの事前のPCR検査が実施される。オンラインで記者会見した影山監督は「安心安全を確保するのが第一優先」と話した。

 鳥栖の3人はクラブを通じてコメントを発表。本田は「自分の特長をしっかり出したい」、松岡は「持ち味を出してしっかり闘う」、飛び級で選ばれた中野は「遠慮せずに自分のプレーをして頑張りたい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加