軒の一部のしっくいが崩落した国重要文化財「西岡家住宅」=嬉野市塩田町

 佐賀県内を襲った大雨の影響で、嬉野市塩田町にある国重要文化財「西岡家住宅」のしっくいの一部が崩落していることが確認された。

 塩田津町並み保存会の杉光敬一郎理事長らが7日に確認した。保存会によると、崩れたのは軒の一部で縦10センチ、横30センチ。管理する市教委は、昨年からひび割れが確認されていたことから、雨に伴う強風によって崩れたと推定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加