量や濃さを確認しながら丁寧に注ぎ分ける東脊振小の児童ら=同校

 吉野ヶ里町の東脊振小の3年生が7日、急須を使ったおいしいお茶の入れ方を学んだ。子どもたちは慣れない手つきながらも丁寧にお茶を入れ、茶の苦みや甘みを味わった。

 日本茶アドバイザーの資格を持つ多良正裕さん(69)が講師を務め、適切な温度や茶葉を蒸らす時間、注ぎ方を指導。4、5人のグループになった児童らは、急須に茶葉とお湯を入れると、声をそろえて90秒を数えて待ち、急須の持ち方を教えてもらいながら、濃さが均等になるよう、最後の一滴まで丁寧に注ぎきった。自分で入れたお茶の香りと味を楽しんだ。

 寺﨑陽乃さんは「みんなでお茶入れをするのが楽しかった。温度などお茶のことを知ることができたので、次はもっと上手にお茶を入れられそう」と得意顔だった。指導した多良さんは「歴史やおもてなしの心など特産であるお茶に興味を持つきっかけになれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加