ジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者の逮捕を謝罪するロッテの松本尚樹球団本部長(右から2人目)=10日、千葉市のZOZOマリンスタジアム

 プロ野球広島とロッテに投手として所属した米国籍のジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)が広島県警に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、ロッテの松本尚樹球団本部長は10日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで「ファンの皆さんに多大なご迷惑をお掛けして本当に申し訳ない」と謝罪した。

 ジャクソン容疑者は7日、同スタジアムでの西武戦に登板した後、県警の家宅捜索を受けたという。8日に本人から退団の申し入れを受け、9日に球団が契約解除を発表した。松本球団本部長は「事の重要性は理解していた。本人は大変反省していたが、現実を見ないといけない」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加