一口で30回噛(か)めば、がん予防に効果があると言われています。その理由はだ液の成分ラクトペルオキシターゼが発がん性を減少させることがわかったからです。

 発がん物質は、さまざまな食べものに含まれています。気をつけても、どうしても身体の中に入ってきます。でも、しっかり噛んで食べものを粉々にしてだ液と混ぜれば、発がん性は抑制されます。

 また、一日の食事で30品目の食べ物をとることもがん予防のために効果的です。これは肉や脂肪の多い食事にかたよらないで、でんぷんや緑黄色野菜など、食品バランスを適切にするための方法です。多くの種類を食べることで、発がん物質の作用を抑えることができます。

 早飯食いを自慢したり、水で食べ物を流し込むのは、早死を促すようなもの。一日3回、一日の食事で30品目を心掛けて、がんに対抗してください。

 国立がんセンター研究所では、がん予防の心構えを訴えています。

(1)バランスのとれた栄養をとる

(2)毎日、変化のある食生活を

(3)食べ過ぎはさけ、脂肪はひかえめに

(4)お酒はほどほどに

(5)タバコは少なくする

(6)食物から適量のビタミンと繊維質を

(7)塩辛いものは少なめに熱いものは冷ましてから

(8)こげた部分をさける

(9)カビの生えたものに注意

(10)日光に当りすぎない

(11)適度にスポーツする

(12)体を清潔に

 以上12カ条が、がん予防の心掛けです。(佐賀市 北村歯科医院 服部信一)

 ※参考文献 GC友の会デンタルコミュニケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加