環境省などが入るビル=東京都千代田区霞が関

 動物の適正な飼育方法を話し合う環境省の検討会が10日開かれ、同省は繁殖業者やペットショップに対して、犬猫の交配可能年齢や、従業員1人当たりの飼育数などを規制する基準案を示した。交配は犬猫とも原則6歳までに制限。繁殖業者では従業員1人当たりの繁殖犬の飼育数は15匹、猫は25匹までとし、販売業者は1人当たり犬20匹、猫30匹を上限とする。

 繁殖・販売業者の一部で、犬猫が高齢になっても繁殖させたり、身動きが取りにくい狭いケージに入れたりするといった劣悪な飼育が問題化。案では例外的に犬が6回未満、猫が10回未満の出産回数の場合には交配を7歳まで認めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加