県立佐賀城本丸歴史館(佐賀市城内)は18日午後1時半から同館で歴史館ゼミナールを開く。古川英文副館長が「サムライはなぜ竹を描いたか」と題し、多久出身の儒学者で佐賀藩校弘道館の教授を務めた草場佩川(1787~1867年)の墨竹画について解説する。