映画「こどもばんぱく」の主人公役に選ばれたアイドルユニット、佐賀乙女みゅー☆スターの愛純百葉さん=佐賀新聞社

 来年公開予定の短編映画「こどもばんぱく」の主演に、佐賀のアイドルユニット「佐賀乙女みゅー☆スター」の愛純百葉(あすみ・ももは)さん(12)=小城市=が選ばれた。音楽活動に取り組む県内外の18人の中から、主役の座をつかんだ。

 作品は、2年前から福岡市で開かれている小中学生のワークショップイベント「こどもばんぱく」がテーマ。福岡県出身の小田憲和さんが脚本を手がけ、監督も務める。撮影は9月、小城市など主に県内で行う。

 作品は女子中学生の主人公森下泉が特にやりたいこともなく日々を過ごしている中、こどもばんぱくに興味を持ち、自分も挑戦しようと奮闘する。

 百葉さんはこれまでに、子どものための映画祭「キネコ国際映画祭」でノミネートされた「音と風と夏休み」(2018年)など10作品以上に出演している。

 百葉さんは「演技がうまくなかったので、選ばれた時は驚いた」と照れつつ、「私と主人公の性格が似ているので、いつもの自分の感じで撮影に臨みたい」と来月からの稽古へ意欲を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加