広島県警は10日、大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を自宅で所持していたとして、大麻取締法違反の疑いでプロ野球の広島で活躍し、今季はロッテに所属していた元投手ジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)を逮捕した。

このエントリーをはてなブックマークに追加