九州南部に南下していた梅雨前線が再び対馬海峡付近まで北上した影響で、佐賀県内は9日昼過ぎから激しい雨に見舞われた。佐賀地方気象台は、10日朝にかけて多いところで1時間に50~60ミリの非常に激しい雨を見込んでおり、県立学校25校と県内13市町の小中学校が10日の休校を決めた。