九州電力は9日、九州の豪雨被害を受け、鳥栖市など佐賀県の一部市町の契約者を対象に、6~9月検針分の電気料金の支払い期限を1カ月間延長すると発表した。

 災害救助法の適用範囲が拡大され、福岡県久留米市の隣接地域の鳥栖市、神埼市、三養基郡みやき町が対象になった。罹災りさい証明など被害が確認できる書類の提出が必要。

 福岡、熊本、大分、宮崎、鹿児島の5県の一部市町村で同様の措置を7日に発表していた。県内では鹿島市や藤津郡太良町などで被害が発生しているが、9日現在で対象にはなっていない。問い合わせは県内2カ所の営業所で受け付ける。

 営業所のフリーダイヤルは次の通り。鳥栖(0120)986302▽佐賀(0120)986303

このエントリーをはてなブックマークに追加