切磋琢磨している百田虎児君(右)と辰児君

 嬉野小6年の百田虎児君・辰児君は双子の兄弟で、兄たちの影響を受けて小学1年の時にソフトテニスを始めました。3、4年の時には県代表として2年連続ペアで全国大会に出場。一番近くにいるライバルとして、常に切磋琢磨せっさたくまする存在です。

 練習している嬉野ジュニアは、4月から塩田ジュニアと統合し、人数も増えて力量を上げています。太田公治コーチは「テニスを通じて心と体を鍛え、目標を持って練習してほしい」と話します。

 「家族の応援が力になる」と話す虎児君と辰児君。夜は家族で練習し、兄たちからアドバイスをもらっているそうです。これからも自分たちの持ち味を生かし、活躍が期待されます。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加