強い雨の中、雨具に身を包んで帰りを急ぐ高校生ら=9日夕、佐賀市の佐大南交差点

 佐賀県と佐賀地方気象台は9日午後3時35分までに、鹿島、嬉野、武雄の3市と藤津郡太良町、杵島郡白石町に土砂災害警戒情報を出した。降り続く大雨のため、命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況で、がけの近くや谷の出口などに住んでいる人は、市町から発令される避難勧告などの情報に注意し、安全な場所への速やかな避難を呼び掛けている。

 また、JR九州は大雨の影響で長崎線の肥前鹿島―長崎駅間の上下線で運転を見合わせている。博多と長崎を結ぶ特急かもめは運休している。

 10日が大雨になるとの予報を受け、鳥栖市教育委員会は9日午前、市内12小中学校を10日は臨時休校にすることを決めた。9日午前10時の段階で、各校から保護者にメールで通知を出した。

 終日激しい雨が降るという予報を受け、登校、下校時の安全が確保できないうえ、いったん登校させると早めに帰宅させるための時間帯も見つけられないと判断した。放課後児童クラブも終日開催しない。

 唐津市も10日は市立全51小中学校と1幼稚園を臨時休校にすることを決めた。(15:45現在)

このエントリーをはてなブックマークに追加