新聞の見出しや記事の書き方を学ぼうと、嬉野市の久間小で9日、佐賀新聞社の出前授業が開かれた。6年生33人が、実際の紙面を読み込みながら、分かりやすい見出しの付け方を考えた。 授業は、多久島文樹・NIE推進担当デスクが9日付の佐賀新聞の紙面を使って実施。