佐賀未来創造基金の山田健一郎代表理事(左)と賛同企業の代表者ら=県庁

 佐賀未来創造基金(山田健一郎代表理事)などは8日、新型コロナウイルスの影響で疲弊している飲食店を支援する「SDGsさがあい基金」を設立したと発表した。佐賀市内の飲食店から、街中や店舗を元気づける企画提案を募り、上位者には助成金を交付して実現を目指す。

 賛同企業からの寄付金を原資に飲食店を応援する仕組みで、現時点で佐賀市内の13社が賛同している。助成の第1弾として、市内の飲食店を対象ににぎわい創出や集客のアイデアを27日まで募集し、8月1日に提案会と審査会を開き、オンライン配信する。1位には1店舗200万円、2位は100万円、3位20万円の助成金を交付し、4位から20位も決める。

 県庁で開かれた会見で、賛同企業の朝日テクノ(佐賀市)の法村孝樹社長が山田代表理事に目録を手渡した。山田代表理事は「街中がにぎやかになってほしいとの思いで立ち上げた。地域の連携や支え合いが根付くきっかけになれば」と述べた。今後、同様の助成を2~3カ月に1回企画し、賛同企業の増加に応じて対象地域も広げるとしている。

 第1弾の応募は佐賀未来創造基金のウェブサイトでできる。問い合わせは事務局の佐賀地域活性化協議会、電話0952(37)1070。

このエントリーをはてなブックマークに追加