政府は8日、九州などの豪雨について、被害状況を調査した結果、激甚災害に指定する見通しになったと明らかにした。被災自治体の財政負担を軽くするのが目的で、復旧事業費に占める国の補助金の割合を1~2割程度引き上げる。対象となる地域や事業などを詰め、今週末にも公表する。2020年度の激甚災害指定は初となる。