DeNAの濵口が“怪投”を演じた。序盤から制球に苦しみ、敬遠一つを含めた9四球は47年ぶりのセ・リーグ記録まであと一つだった。自己ワーストの10四死球と荒れたが、多彩な球種を投げ分けて要所で粘り、六回途中まで2失点でしのいだ。