土の壁が一部崩落、しっくいもはがれ落ちた国の重要文化財「旧田代家西洋館」=西松浦郡有田町幸平(有田町教育委員会提供)

 佐賀県内で降り続いた大雨の影響で、西松浦郡有田町にある国の重要文化財「旧田代家西洋館」の壁が一部崩落していたことが8日、分かった。

 町教委が7日、確認した。崩れたのは正面向かって右側面に当たる西側の壁。右端の中央部が縦130センチ、横160センチにわたり、土が崩落。表面のしっくいも、中央部で縦40センチ、横4メートルがはがれた。建物内部には影響がないとして、土日祝日などの公開は続ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加