陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)への陸自輸送機オスプレイに関し、8日午後に予定されていた1機目の配備は、悪天候のため10日午後に延期された。延期は6日に続き2回目。

 防衛省は、オスプレイの最終配備先は佐賀空港としており、駐屯地候補地の地権者が所属する県有明海漁協との協議が続いている。木更津市は配備期間5年以内を目標にすることを条件に、暫定配備の要請を受け入れた。1機目の到着が5年以内の起点になる。

 北関東防衛局によると、2機目の配備は当初、10日を予定していた。1機目の配備延期に伴い未定となり、「米側と調整中」という。防衛省は最終的にオスプレイ全17機を導入する計画。

このエントリーをはてなブックマークに追加