梅雨前線が九州南部まで南下し、連日降り続いた佐賀県内の大雨は8日、小康状態になった。有明海沿岸には大量のごみが漂着し、漁業者らが回収作業に当たったほか、浸水被害に遭った住民は汚れた家具などの片付けに追われた。