佐賀県内は7日、大雨特別警報が発令された前日に続き、激しい雨が降った。鹿島市や藤津郡太良町では6日の被害の状況が次々と明らかになり、氾濫した河川の周辺では一時、家屋の浸水被害が広がり、高校生が連携して高齢者を救助する場面もあった。地域住民は降りやまない雨の中、協力して片付けを進めた。