2018年7月の豪雨で一部が削られた田手川の堤防=吉野ヶ里町大曲(町提供)

 ハザードマップは2018年に冊子タイプを全戸配布。土砂災害、浸水想定に加え、地震にも対応し、断層帯ごとの揺れやすさや建物の被害度を示している。常に気象状況、正確な災害関連情報の取得に気を配ってほしい。

 2010年に大規模な土石流が起きた永山地区をはじめ、松隈、坂本地区は土砂災害警戒区域にも指定され、早めの避難を呼び掛けるようにしている。石動(いしなり)、上三津地区の一部も警戒区域がある。これらの山間部ではのり面の崩壊や林道の路肩崩れの被害もある。

 浸水被害を特に注意してほしいのは、田手川と井柳(いりゅう)川の下流部となる南部の箱川地区。町でもより低地部に位置し、筑後川の影響を受け、内水氾濫の恐れがある。箱川地区の北に位置する伊保戸地区も、水路と田んぼの境目が分からない状況になりやすい。

 2018年7月の豪雨では、横田地区の鴨井手橋付近で田手川が決壊寸前の危機に陥った。川沿いの住宅は、川の水位や状況にも注意してほしい。(総務課交通防災係・福島健朗さんに取材)

このエントリーをはてなブックマークに追加