佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、佐賀県は7日、山口祥義知事が8日に県有明海漁協を訪れ、新組合長に選任された西久保敏氏と面談すると発表した。両氏は以前から面識があるというが、知事と組合長として会うのは初めて。

 山口知事は2018年8月、配備要請の受託を表明し、昨年5月には漁協本所を訪れ、県と漁協の間で結んでいる自衛隊との空港共用を否定した協定の変更に向けた協議を始めた。その後、防衛省が昨年9月から漁協各支所で説明会を開催し、6月上旬に終えた。

 西久保氏は6月30日の理事会で組合長に選出された。配備計画に関しては「簡単な問題ではない。みんなで決めていくことになる」と、漁協内で協議して対応する意向を示している。

 山口知事は、配備要請を受け入れた自身の考えを伝えるほか、漁協内で協議を進めてもらえるよう求めるとみられる。面談は非公開で行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加