■随所にUD、地域にも開放 武雄市の山内中(下平博明校長、264人)の新校舎が完成し、生徒たちは昨年12月下旬から真新しい学舎で授業を受けている。教室や廊下に木材をふんだんに使い、校舎の至る所に人に優しいユニバーサルデザインが施されているのが特徴だ。 旧校舎は1960年に建てられ、築55年が経過。