防衛省は7日、九州の豪雨被害に対処する自衛隊の災害派遣の規模を、現行の1万人態勢から2万人態勢に増強すると発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加