第8回吉野ケ里町「少年の主張大会」が13日、町中央公民館で開かれ、町内の児童生徒24人が日ごろ考えたことや感じたことを発表した。 小学生は将来の夢や日常生活の中で感じた感謝の気持ちを発表。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加