第8回吉野ケ里町「少年の主張大会」が13日、町中央公民館で開かれ、町内の児童生徒24人が日ごろ考えたことや感じたことを発表した。 小学生は将来の夢や日常生活の中で感じた感謝の気持ちを発表。緊張しながらも、できるだけ原稿を見ずに堂々と話した。